ミニマリストママの育児・副業日記

京都の片田舎で、旦那と娘と3人でいつか喫茶店をやりたいと夢想するママのブログです

旦那の育休。お金のことでケンカ。。

こんにちは。なつです。

タイトル通り、旦那とケンカをし、もやもやが残るのでこちらで分析と愚痴でも。

 

普段は二人とも温厚な方でケンカをしないのですが、、

昨日久しぶりにケンカをしました。

理由は旦那が育休を取ることになったことからくるお金の問題。(だと思う)

f:id:Natsuchang:20190220152409j:plain

 

ちなみに我が家では、旦那様が公務員をしていることもあり、今年の4月から最長1年間の育休を予定しています。

(条件つき、もしかしたら途中で復帰するかもですが)。

それはもうありがたい話です。ただ、正直予想外に長い!

民間の中小企業で働いているの私にしたら男性の育児休業はネットの中の話です。

我が家で当初旦那の育児休業の話が出た時は、

「育休?とれるならとりなよ〜!1ヶ月くらいとれるの??」みたいな感覚でいたもので、1年間とるかもと聞いておったまげました。

 

育休と言ったらもちろん手当はでますが半年以降は3/2から50%に手当が引き下げられますから。

完全に赤字覚悟で1年間を過ごさないといけないと思い、1年間の収支表を作成。

節約&副業の大切さを旦那に説いたわけです。

ちなみに、目標は節約で月-5万。副業で月+5万だと力説。

 

旦那も生真面目な性格なもので、

・コンタクトをメガネにする宣言

・ヘアカットを1000円カットにする宣言

をし、実行にうつすように頑張ってくれていました。

おそらく自分が育休を取ることで不自由をさせるという罪悪感もあったのでしょう。

 

私は私で副業に力をいれ、今月は+10万いきそうな奮闘ぶり。

正直思った以上に副業がうまくいったことからくる気のゆるみと、「セックスアンドザシティ」のドラマを見て、「女を捨ててはいけない」という思いが強くなり

「産後の骨盤矯正をしたい」と旦那に話をしました。

 

すると、なんだか旦那は渋い顔です。

「またお金かかるのか・・」とボソッと。。

「それってやる必要あるの??一人目の時はそんなの言わなかったけど」と言われたわけです。

 

!!!????

 

私にしたら産後のゆるゆるの骨盤を治すための必要経費だと思って話したので、

まさかの反応ですよ。

「えっ!?何?出産という大仕事を終えて、

一人目の妊娠よりも今の方が足の付け根も痛いし、

腰痛もあるし、体型も戻したいし、

あなたは育休とるから平日でもちょっと時間もらっていけると思って話したのに、、」

ともう言葉が止まりません。

 

そこに続けて、旦那からの提案です。

「骨盤矯正にかけた分のお金を自分も小遣いとしてもらってもいいか??」

と。

 

!!!!!?????

「いや、勝手に欲しいものは買えばいいけど。。なぜその発想になる!?」

とまたまた頭は大混乱です。(ちなみにうちは小遣い制ではなく、必要と言われた分だけ私が渡しています)

 

おそらく旦那にしたら普段色々と我慢している分、「妻ばかり自分にお金かけて・・」的な思いがでてしまったのでしょう。

わかる、わかるよ。頑張っているのは。

 

ただ、こっちにしたら「しんどい思いをして、出産後のボロボロの体を治すためのお金と君の小遣いを一緒にされちゃあ困るぜよ。出産後の体を治すお金にケチつけられるのか?副業までして稼いでいるのに??」

という思いが溢れてどうにもしっくりきません。

 

その後、「お互いに必要経費だと思うものはお金をかけたらいい」と話をして、

和解?はしましたが正直今でもモヤモヤはあります。

 

結婚5年目にしてお金の話でぶつかったのは初めてです。

個人的にお金に余裕がなくなると心にも余裕がなくなると思っていましたが、

やっぱり本当だな〜と。

いっぱいなくてもいいけど、必要だと思った分はきっちりお金をかけられる生活をしたいと思った今日このごろでした。

 

なんだか思っていたよりも愚痴っぽくなりました。

すいません、ご静聴ありがとうございました。

 

 

 

追伸:2人目は男の子でした。現在35週目。推定体重2500Gくらい??

すくすく大きくなっているようです。陣痛が待ち遠しいような、怖いような。

 

1人目の娘ちゃんはお腹に赤ちゃんがいることがわかっているのか?

よくお腹を触って「大好き〜」といって抱きついています。ただ、自分のお腹も触って「赤ちゃん、赤ちゃん」言っているのでもしかしたらわかっていないかも(笑)