ミニマリストママの育児・副業日記

京都の片田舎で、旦那と娘と3人でいつか喫茶店をやりたいと夢想するママのブログです

第二子出産★超安産でしたが、安産と呼ばないで!!

こんにちは。

なつです。

タイトルの通り第二子を出産いたしました。

実はだいぶ前でして、3月末に出産しております。

3400Gのちょいでかベビーで、男の子でした。

1ヶ月検診では誰よりも大きく、、よく飲みよく寝る子です。

 

 

f:id:Natsuchang:20190510100316j:plain

 

産まれたての赤ちゃんというのはそれはもう可愛いものでして、

正直第一子は初め1ヶ月くらいはおっかなびっくり対応していましたが、

第二子は産まれた瞬間「可愛い〜〜〜〜」となれました。

第二子は母子育て能力が上がっているのでお得かもしれません。

 

「安産」

なんとも素敵な響きです。

ただ、個人的にちょーっと気になったので書かせていただくと、

私は陣痛から約6時間、分娩台に上がってからは20分ほどで出産。

母子ともに健康というスーパー安産だったのですが、

「安産」て聞くと痛くないと思いません??

なんの苦労もなくスポーンと産まれてくる印象を持ちません??

(私は少なくともそんな印象を出産前は持っていました。

ハイ、すいません。なめくさっていました)

 

今言いたい。安産って言っても

めちゃくちゃ痛いですから。

泣き、叫ぶほどには痛いから〜〜!

 

正直2人目ってあんまり痛くないと思っていたんですよね。

うちの母親も私を産んだときに

「2人目は、1週間分の便秘が出たかと思ったくらいの痛み」

ってう◯こ扱いしてましたから。

 

母親の言葉を信じてたら、出産のときに少しイラっとしました。

「めちゃくちゃ痛いよ!痛覚麻痺してんのか!!」

て心の中で叫びました。

多分出産経験が過去すぎて、痛みを忘れているんだと思います。

これから、出産される方はお気をつけあれ。

親世代の痛みの感覚はあてになりません。

 

 

つらつら書きましたが、何が言いたいかというと、母親ってすごいんです。

頑張っているんです。労ってあげてください。感謝してください。

お願いだから。本当。マジで。少し休ませてあげてね。ということ。

1回目、2回目に関わらず、とんでもない痛みに耐えて出産に臨んでいますので。

そこんとこよろしくお願いしますよ。

 

 

 

追伸:

娘ちゃんは2歳と7ヶ月になりました。お姉ちゃんになりました。

オムツを捨てに行ってくれたり、ミルクをあげたり、泣いたら教えてくれたり、よしよししたり。本当に毎日頑張っています。

時々ベビーカーに乗ったり、抱っこしてジュースを飲みたがるような赤ちゃん返りもありますがまだまだ小さいから仕方なし。

情緒が少し不安定なので様子を第一子をできるだけ優先して子育て中です。

 

息子ちゃんは2ヶ月目に突入しました。明日はお宮参りの予定です。

なにやらたくましい子でお姉ちゃんにぐりぐりされうが、掃除機かけようが気にせず寝ています。寝る子は育つ!もう5KGくらいありそう。重い。。。。。